スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまりの中で(後半、色々語っちゃいましたw)

太陽を浴びて
2014012923585690d.jpg
20140129235909e2f.jpg
201401292359332e1.jpg
201401292359496ce.jpg
20140130000002946.jpg
20140130000017c2a.jpg
20140130000035087.jpg










………………………………………………………


最近めっきりお話が頭に浮かんでこないので
お部屋の配置でストレス発散中w



森の中のさらに奥の少し拓けた場所にある
コテージをイメージしました。
(…なんかイメージしづらいかも…w)

撮った日は天気が良かったので
たくさん光を取り込んで見ました(^^)



なかなか好きな配置が出来て
ストレス発散成功w


本当はラグやらランチョンマットやら
布系の小物も配置したかったけど
とことん裁縫が苦手だし材料もコテージに
似合うものがなかったので、それこそ
ストレス溜まってしまうので辞めましたw


なのでハンドメイド出来る方を
本当に尊敬してます!
爪の垢を煎じて飲んだらうまくまりますかね(*_*)




やはりコテージの配置も
キッチンがメインになってしまいました。

2階のデッキ?もかなりスペースに
限りがあるので赤ちゃん部屋です。


今は更新がされていないようですが
雛雪さんという、(ご存知の方も多いと思いますが)
シルバニアブロガーさんのブログはとっても
素敵で、家具の配置、世界観がかなり私のツボです。
更新がされなくなってから知ったのですが
今だに見てはウットリしている怪しい主婦ですw

そしておおっぴらには言えませんが←ぇ
シルバニアのお話やハンドメイドをしている
mayu flowerさん、sirubanianさんの
隠れ熱狂的ファンでもございますw
(僭越ながらこの場を借りて今日宣言致しますw)

シルバニアと戯れる事が日常を過ごす上での
大切なエネルギー源となっている今
ブロガーさん達のブログを巡る事が
楽しみになっています(*^_^*)


何かの拍子にこのブログに辿り着いて
読んで下さった方々、いつもあたたかいコメントを
返して下さる方々にはとても感謝しています。


本当に自己満足に過ぎないブログではありますが
見てくださってありがとうございます(;_;)



これからもシルバニア好きの皆さんと
シルバニアの魅力を分かち合っていけたらいいなと
思っています(*^^*)


話がだいぶ逸れましたが、これにて終了ですwww



………………………………………………………





スポンサーサイト

光の朝

One day
One day
One day
One day
One day
One day
One day
One day













………………………………………………………


またまたグレーウサギのグランパ&グランマです。


今日は朝の風景をイメージして、撮ってみました。



このグランパ達は朝食をふたりで作るんですね。
いいですね、憧れます……。


(料理のできる男性って、かなり高得点w)



朝から作るシチュー、美味しそうです(*^^*)




光の加減と加工の効果で、途中の写真が
ミルクウサギさんに見えてしまいました(^^;;



…………………………………………………………

二人のたのしみ〜舞台裏編〜


今回の舞台は、数ある小さめの建物の中で
上位にランクインする青い屋根の楽しいお家です。

発売されたのはたった数年前ではあるけれど
今ではあまり見かけなくなった手の込んだ
デザインが施されています。



20140121124518b87.jpg

↑元々こじんまりとした建物なので
大きい家具は入らないし、備え付けの
薪ストーブもあるし悩みながらの配置。
一階はほぼキッチン。

2014012112453446a.jpg

↑やはり茶系がお似合いの建物ですね。
グレーウサギのおじいさんとおばあさんの
お宅と言う設定です。
2人暮らしの割には食器類が多い気もしますが…

20140121124548754.jpg

↑キッチンに特に力が入ってます。
配置を考えてる時、上手くいくと
テンション上がります。

20140121124601e87.jpg

↑この建物の好きなポイント。
出窓に模様が入ってます。
玄関の窓も素敵です。
皆さん仰る通り、今は窓にプラ板すら入ってない
建物が殆どですよね…

2014012112461595e.jpg

↑デッキ?にはお庭を眺めながら
お茶出来るスペースを。
日当たり最高なデッキ、羨ましい…

201401211246296d4.jpg

↑この建物、ルームライトが取り付けられます。
色違いの湖畔のペンションには取り付ける
穴が無いので、ちょっとがっかり…

20140121124650787.jpg

↑お庭側から。

20140121124705edc.jpg

↑2階のこのスペースにはテーブルを。
(ハシゴで2階に物を持って行くのは
お年寄りには大変なのではと思いましたが
スペースの問題でここです…^^;)

20140121124718dab.jpg

↑ベッドルーム。
孫のために大きなテディベアを置いておく
優しいグランパ達。
ここのガラスも素敵です。

20140121124733c29.jpg


201401211247494d6.jpg

↑人間には人差し指サイズですが
シルバニアでは立派なテディベア。

2014012112480254e.jpg

↑玄関横にもあります。
こだわってる感がありますね…。

2014012112481644a.jpg

↑この模様はもしかしてアイビーでしょうか?






二人のたのしみ





20140121124153260.jpg
20140121124224e59.jpg
2014012112424066a.jpg
20140121124257162.jpg
201401211243147e0.jpg
201401211243315ae.jpg
20140121124350368.jpg
201401211244044d4.jpg
201401211244201f5.jpg
201401211244387ee.jpg
20140121124458daf.jpg











……………………………………………………………


今回は文字も何も付けないでみました。
写真だけで分かるように撮ってみたつもり…。

自分では分かっていても、人から見れば
「何をしてるシーンかな?」と思う写真もあるかも(;^_^A




……………………………………………………………


グレーウサギのお母さん、男の子、女の子がかぶってるニット帽は
とっても素敵なお洋服を作っておられる作家様の作品です★

耳穴が空いていてぴったりかぶってもらう事が出来ます(^^)
実はヒツジさんにかぶせても可愛いという万能ニット帽♪

正式に転載許可を頂いたのでw、ちょこちょこご紹介させて
頂くことにしました(*^^*)


乞うご期待!


ともだち、できた!-3-

きた道を一生懸命思い出しながら、たぬきちゃんはブラウンウサギちゃんと街を歩きます。



「あ…!このお家……前を通ってきたよ!」
「本当!?じゃあこっちの方だね!」

たぬきちゃんの記憶もようやく鮮明になってきたようです。



「よーし!忘れないうちに早く行こう!」
「わぁ!ま、待ってたぬきちゃん!!」

思いのほかたぬきちゃんは足が早いので、ブラウンウサギちゃんは遅れないように一生懸命です。



「……!あの木、分かれ道……!ここだよブラウンウサギちゃん!戻ってこれたよ!」
「………!!はぁはぁ……。よ、良かった…。これでお家に帰れるね!」

たぬきちゃんのスピードにやっとついていたブラウンウサギちゃんは、ヘトヘトです。



「ブラウンウサギちゃん、送ってくれて本当にありがとう!ブラウンウサギちゃんも気をつけて帰ってね!」
「ううん、たぬきちゃんも気をつけて帰ってね!また遊ぼうね!」



「「またね!」」



そうしてたぬきちゃんは風のように走って行きました。



「ふふっ♪たぬきちゃんったら面白いなぁ…。おともだちになれて良かった♪」





『ガチャ…』

「ただいまぁ…」

息を切らしてたぬきちゃんはドアを開けました。



「良かった…お家に着けた…。」

そうホッとしたのも束の間……



「わあ!!!」

「良かったわ!無事に帰ってきて!心配してたのよ…。」
「一体どこまで探検してきたんだい?」
「もしかして道に迷ったの?」

驚いたのも束の間、色々と矢継ぎ早に質問され、たぬきちゃんはキョトンとしてしまいました。



「確かに道には迷ったよ……でも探検も楽しかったけど、おともだちが出来たのが一番楽しかったなぁ!また遊びたい♪」

「この短時間でともだちができたのかい?それはいい事だね。」
「どこに住んでるおともだち?今度ごあいさつに伺わないとね。」
「ぼくも今度街に行ってみたいなぁ!」



「いっぱい走ったらお腹空いちゃった♪」

とってもマイペースで元気な女の子、たぬきちゃんは、明日もどこかで走っているかもね……。

「お昼ご飯にしよう!!」



「「一体私達のどこに似たのかな……?」」



おわり☆





(*^^*)あとがき(*^^*)


久しぶりに書きましたが、やっぱりシルバニアって楽しい!

今回のお話の主人公は、最近のお気に入りのたぬきちゃんとブラウンウサギちゃんです。
初期のお人形さんは今とは違う造形と濃い色で、それでいて素朴で大好きです。
動物って感じがして、本来のシルバニアを思い出させてくれます。
今も可愛いお人形さんがたくさん出ていますが、今のももちろん好きです♪
海外の動物も日本の動物とはまた違った雰囲気で魅了されてしまいますね☆

今までで、何種類いるんでしょうかね……
知りたいです…。

誰か数えて下さい……ww



m(__)m

ともだち、できた!-2-

川に浮かんでいたもの、それはカヌーでした。




「わあ!カヌーなんてはじめて見た!大きいなぁ!乗ってみたいなぁ!」

たぬきちゃんの好奇心は止まりません。




「さわれるかな…。えいっ…。もう少し…。」


川に身を乗り出すたぬきちゃん。
あぶないよ!




すると、偶然にも通りかかったブラウンウサギさん親子。

「ママ!女の子が川に!」
「まあ!大変!」




「あなた、川に落ちてしまうわよ!あぶないわ、下がって!」

ブラウンウサギさん親子はすぐにたぬきちゃんに駆けよって声をかけました。




その声に驚き、たぬきちゃんは飛び上がりました。

「はぁはぁ…!大丈夫??ケガは??」
「何か川に落としちゃったの??」

「え……っと、あの、カヌーに乗ってみたくて…」




「そう、そうだったの。このカヌーはビーバーさんが作ってる途中なのよ。
出来たらきっと乗せてもらえるわ。」
「わたしも乗せてもらう約束してるの。」
「本当!?わたしもお願いしてみたいな!」




ブラウンウサギさん親子がお家に戻ると言うので、たぬきちゃんもお家に連れて行ってもらう事にしました。

「水車のパン屋さんのお隣さんだったんだ!」
「そうなの。ねぇ、おしゃべりしていかない?」
「うん!」

すっかり意気投合した二人。



「たぬきちゃんは引っ越してきたばかりなのね!どう?この村は。」
「うん!まだ行ってないところばっかりで今から楽しみなんだ!空気も美味しくて素敵なところだと思う!」

楽しい時間は、風のように過ぎ去り、いつしかたぬきちゃんはお腹が空いてきた事に気がつきました。




「あ!いけない!もう戻らなきゃ!お昼までには戻るってお母さんに言ってきたの。」
「そっか!もうそんな時間なんだね…。
楽しくて時間を忘れちゃった♪」
「本当!また遊びに来てもいい?それからうちにも遊びに来て!?」
「うん!もちろん!また遊ぼう!」




「じゃあまたね〜!!」
「あ、待って……」

ブラウンウサギちゃんが言いかけました。




するとたぬきちゃんはゆっくり振り返り…

「…道案内してくれる…?」

どうやらはじめての場所なので不安になってしまったよう。




ブラウンウサギちゃんはママを呼び、

「お家まで送ってくるわ。」と言いました。

「そうね、引っ越してきたばかりでは不安でしょうから…。お願いね。」




たぬきちゃんは、ブラウンウサギのお母さんさんにお礼を言い、ブラウンウサギちゃんとお家を目指しました。


続く→

ともだち、できた!


シルバニア村に新しいお家が建ちました。


そこに住むのはたぬきさん一家。




「いい天気だなぁ!」




「おーい、朝ごはんだぞ〜。降りておいで。」

たぬきのお父さんの声です。



「はぁい!」



家族みんながお気に入りの螺旋階段。

トントントントン…

リズムにのって降りて行きます。



「おはよう!」
「おはよう。さぁ座って食べましょう」



食べながら、今日は街の方に行ってみようかなと考えるたぬきちゃん。



「お昼までには戻るから、ちょっと探検してくるね!」
「引っ越して来たばかりだから、迷わないように気をつけるのよ」
「はぁーい!」



「…心配だわ…」

送り出すお母さんは、少し不安気。




そんなお母さんの心配をよそに、たぬきちゃんはどんどん歩いて行きます。

鼻歌混じりにテンポ良く、景色を楽しみながら。




すると、分かれ道に差し掛かりました。

「あ…。これはどっちかな…」



「こっちにしよう♪」

たぬきちゃんは少しだけ悩むと、木を目印に右へ曲がりました。




程なくすると、可愛らしい一軒家が。




そのお隣には、立派な野菜を実らせた家庭菜園。

「わぁ!美味しそうな野菜がたくさん!」



たぬきちゃんの足は、楽しくて楽しくてどんどん進みます。

すると、不思議な音が聞こえて来ました。

「これって…水車?あ、ここはパン屋さんだ!」



目を奪うような可愛くて美味しそうなパンが、たぬきちゃんの足を止めます。

「今度来たら中に入ってみたいな…」



マーケットの前に差し掛かると、可愛らしいチューリップがそよそよと風になびいていました。

「キレイ♪うちにも植えてってお願いしようかな !」



ふと、川のせせらぎが聞こえてきました。

マーケット横には川がながれていたのです。

「川に何か浮かんでる…」


たぬきちゃん、何かを発見したようです。



続く→
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。